ニュースとお知らせ

2005年10月27日

Pemetrexed(アリムタ)の国内での臨床開発の現状を、イーライリリー社がHPで掲載致しました。詳しくはこちらのHPをご参考下さい。

2005年8月22日(月)

ひまわり診療所の名取医師は、「吹き付けアスベストのある店舗での勤務が原因で発症した悪性胸膜中皮腫の1例」を報告する記者会見を、行いました。建物のアスベストによる中皮腫の報告は日本では初めてで、吹きつけのある建物での石綿濃度が判明していて、剖検での石綿小体及び石綿繊維が判明している事例は、世界的にも稀です。なお今回は民間の小規模建物での発病で、国の建物調査では対象外であった可能性が大です。今回ご遺族のお気持ちも、伝えられています。今後吹きつけのある建物での管理が一層必要となり、この報告は建築基準法の改正を促す事になりました。

2005年4月
悪性中皮腫の治療薬、ペメトレキセドの治験開始される

 PEMETREXED(ペメトレキセド)<商品名 アリムタ>(日本イーライ・リリー社開発)の悪性胸膜中皮腫(あくせいきょうまくちゅうひしゅ)の患者さんを対象とした第I/II相臨床試験が、4月より幾つかの医療機関で開始され、7月には全国数カ所の医療機関で実施される予定だそうです。悪性胸膜中皮腫で、今まで抗ガン剤の点滴を受けていない方に限定した治験であり、既に抗ガン剤の点滴を受けた方は対象にはならないそうです。手術や放射線のみ受けて、抗ガン剤の点滴を受けた事がない方は対象となります。悪性腹膜中皮腫(あくせいふくまくちゅうひしゅ)の方は、残念ですが今回は対象になりません。治験を受けられる方については、それ以外にも限定があります。詳しくお知りになりたい方は、名取医師の中皮腫専門外来を受診していただくか、info@himawari-clinic.jpにメールでお問い合わせ下さい。

Copyright © 2003 - 2017 Himawari Clinic. All rights reserved.